隠蔽体質を暴露

医療ミス(医療過誤)被害の相談情報

投薬ミスにおける医療事故について

投薬ミスにおける事故は非常に多い

医療現場で発生してしまう人身事故が医療事故となるのですが、中でも投薬ミスにおける事故は非常に多いとされているのです。この投薬ミスに関してなのですが発生してしまう要因は様々とされているのですが、医者が処方箋を書いて薬剤師が処方をする段階で手違いが生じてしまうのです。

大きな健康被害に結びついてしまう

また病院内で看護師による確認不足も投薬ミスの大きな原因となってしまう可能性が指摘されておりますので、病院全体で問題意識を高く共有することが重要とされています。実際に具体例としましては、一人のミスのみで発生する投薬ミスよりも複数の確認ミスで発生してしまうケースの方が重大であり、大きな健康被害に結びついてしまう事例が報告されているのです。

病院側の隠蔽体質

そして組織的なミスが発生してしまった場合には病院側の隠蔽体質によりまして、なかなか発覚しない事例も報告されております。このような場合におきましては健康被害を被ったとしましても立証することが難しく、泣き寝入りするしかないケースも多いとされているのです。そこで推奨されているのが法律の専門家に相談する方法であり、具体的には弁護士の先生に相談する方法なのであります。この弁護士の先生には医療事故に極めて強い先生が存在しておりますので、インターネットサイトなどを活用することでしっかりと情報収集したいものなのであります。

DATE:2016/08/28

ピックアップ記事一覧へ