診療ミスによる医療事故

医療ミス(医療過誤)被害の相談情報

良性じゃなくて乳癌だった

正しい判断がされていたら…

私の祖母は乳癌でした。ですが、正しい判断がされていたら、もっと早くそして楽に治っていたと思います。祖母は胸にしこりがあるのが分かって病院に行きました。ですが、そのときの診断は良性だから心配ないとのことでした。

良性のものと間違って診断されてから半年は経っていた

しかし、これが間違っていたのです。それは立派な乳癌でした。それが分かったのは、良性のものと診断されてから半年は経っていたと思います。みんな怒りました。医療事故だ、訴えてやるとみんなが言っていました。

ですが祖母はそういう争いごとが嫌いで、まずは治すことに専念したいと言いました。本人がそう言うならそういうことにしようという話になりました。ただ、万が一治らなくて乳癌が原因で死んでしまうことにでもなったらそのときは任せると言っていました。幸い祖母は全快し、長生きすることが出来ました。

見つけにくい場所にある乳癌

治ったから良かったものの、もし治らなかったら本当に訴えていたと思います。見つけにくい場所にある乳癌というのはよく聞きますが、今回は、腫瘍自体は見つかっていたのに良性と判断されてしまったのです。これは怒っても仕方ないと思うのですが、普通はどう思うのでしょうか。

もしこれで本当に祖母が亡くなっていたら、悔しさだけでは済まないと思います。本当に助かってよかったです。ただ、あの病院にはそれ以降1度も足を踏み入れていませんし、入れる気もありません。

DATE:2016/08/21

ピックアップ記事一覧へ